TUNING 音楽・楽器を楽しむキッカケメーカー

大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアが音楽・楽器を楽しむきっかけを提案

ニュース

TUNING HOME > YABUのイギリスフェス紀行2011〜#18 地域に根付く小規模フェス、アウト・オブ・オーディナリー

YABUのイギリスフェス紀行2011〜#18 地域に根付く小規模フェス、アウト・オブ・オーディナリー

2011年9月29日更新

このエントリーを含むはてなブックマーク

今年の6月からスタートしたこの連載も今回が最終回!昨シーズンを含めて2年に渡り、音楽大国イギリスのフェス事情をお届けして参りましたがいかがだったでしょうか。なかなか情報が少ない海外フェスですが、このレポートが少しでもみなさんの旅のお役に立てるなら本望です!次は異国のフェスでお会いしましょう!YABUくん、お疲れさまでした!

YABUのイギリスフェス紀行2011〜#18 地域に根付く小規模フェス、アウト・オブ・オーディナリー

オラレ!日本はもうすっかり秋模様に衣替えしたのか、twitter一つ見ても「寒い」「長袖」「靴下」などのつぶやきをチラホラ見かけます。みんな、それはイギリスにいたら一年中言うことになるんだよ☆もっとも、こんなことを書くのもこれが本当に最後の最後。イギリスフェス生活ラスト、アウト・オブ・オーディナリー、通称:OOTOに行って来ました。

OOTOは、毎年九月最終週にHailsham(ヘールシャム)という街近くの農場で行われている、小規模フェスティバルです。Brightonという街をご存知でしょうか?Londonが東京だとしたら、湘南や鎌倉の様なポジションの街で、イギリスの最南端に位置しています。OOTOの開催されているHailshamは、そのBrightonのちょっと東側にあります。

金・土・日の三日間のフェスティバルですが、来場者は1000人未満。シャトルバスもBrightonから往復一本のみという、低予算の超手作りフェスティバルです。そのため、ステージも二つ・三つ、出演者は主にLondonやBrightonを中心に活動している無名のアーティスト達。当然、首を傾げたくなる演奏も半分。ただ、裏を返せば、半分はこれだけ大型フェスティバルに足を運んでいる僕でも楽しめる演奏で、特に最終日の夜にメインステージで演奏していたレゲエバンドは、先述した大型フェスティバルに出演していても全くおかしくない素晴らしいバンドでした。

他にも、討論会(!)のステージや、ワークショップ、サーカスなど、小規模・少人数ながら、選択肢が充実していて、決して「退屈だの~」と白けるビッグ・チルの様な惨状には陥らず。

良い意味で、「のんびり」出来るんですよね。家族連れが多いのも頷けます。ここなら子どもを連れて来ても、彼ら・彼女らにとってストレスにならない。遊べるところが沢山沢山あるんだから。それは決して、「施設」が充実しているという訳ではなく、遊べるだけの時間的・空間的「余白」がある、という意味で。


鍛冶屋さんのワークショップ

《2/2ページ:規模を問わず各地に根付くフェス文化》

トラックバックURL

コメント

コメントをどうぞ