TUNING 音楽・楽器を楽しむキッカケメーカー

大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアが音楽・楽器を楽しむきっかけを提案

ニュース

TUNING HOME > YABUのイギリスフェス紀行2011〜#11 一体どこへ向かうのか…迷走するBig Chillフェスティバル

YABUのイギリスフェス紀行2011〜#11 一体どこへ向かうのか…迷走するBig Chillフェスティバル

2011年8月10日更新

このエントリーを含むはてなブックマーク

ニュースでも伝えられていますが、ロンドンで大規模な暴動が発生し、ソニーの倉庫も火災の被害を受けるなど音楽業界にも大きな影響が及んでいます。現地のYABUは無事とのことですが、事態の沈静化を待つばかりです。さて、今回はBigChillフェスティバルの惨状(!)をレポート。こんなフェスもあるんですヨ。

YABUのイギリスフェス紀行2011〜#11 一体どこへ向かうのか…迷走するBig Chillフェスティバル

閑古鳥が鳴くフェス会場

まず、何よりも特筆すべきだったのは、チケットが売れていなかったことです。もちろん、昨今のEU不況も理由に挙げることが出来るでしょうが、それよりも明らかに昨年での変化に愛想をつかせたかつてのリピーターが来なくなっていることが原因として挙げられます。じゃぁキッズが多いのか?というと、そんな訳でもなし。変に「ファミリー向け」を気取るから、キッズもあまり来なかった。まず、最大の失敗は、これにあることは間違いないでしょう。


昼間のメインステージ、閑古鳥・・・。

ただし、ステージデザインもとてもじゃないけどいただけませんでした。横に四角い、長方形の様なステージのBigChill。入り口向かって右側をファミリー向け、左側をクラブミュージック多目のキッズ向け、としたかった様ですが、どう考えてもDJブースが多すぎる。

グラストンベリーの奥地に、Londonのクラブ街の様にダンスフロアを密集させたシャングリラというステージがあるんですが、それを目指したんでしょう、相変わらず、今年もグラストと同じ建造物やらステージやらがありました。

広くない会場の、これまた広くない左半分に、少なく見積もっても8つはDJブースが乱立していました。昨年も、ここまでは酷くなかった。一昨年は、ここに映画館があったり、コメディステージがあったり、ワークショップがあったりと、選択肢が数多く用意されていたんです。それが今年は映画館まで無くなりDJブースのみに・・・。


BARもガラガラ

ただ、最も酷かったのは右側に「お情け」みたいに設置されたファミリー向けエリア。ていうか、キッズエリアが一個あるだけで、しかもそこに入るには、「家族で来ている証明」の青いリストバンドの提示が必要。は?ですよね。当然、家族で来てない僕は入れない。というか、家族で来ていてもそのリストバンドを持っていないお客さんは入れない。その中に、カフェやワークショップを入れた訳です。

オレだって、カフェ行きたいよ。ワークショップ行きたいよ。キッズエリアの中に、フォークミュージックを揃えたステージ(それもまたどうかと思うんですが)があったんですが、それも観ることが出来ない。メインアリーナでさえそうだったんだから、キッズエリアなんてもっとガラガラ。同業者として、フェスティバル運営側のおかしなステージデザインに振り回された出店者に心の底から同情します。きっと大赤字だっただろうなぁ・・・。


キッズエリアは終日こんな感じ

《3/3ページ:Big Chillは一体どこに向かうのか…》

トラックバックURL

コメント

コメントをどうぞ