TUNING 音楽・楽器を楽しむキッカケメーカー

大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアが音楽・楽器を楽しむきっかけを提案

ニュース

TUNING HOME > YABUのイギリスフェス紀行2011〜#8 イギリスで人気急上昇!ラティテュード・フェスティバル

YABUのイギリスフェス紀行2011〜#8 イギリスで人気急上昇!ラティテュード・フェスティバル

2011年7月21日更新

このエントリーを含むはてなブックマーク

さぁ、台風も去っていよいよ来週はフジロック!天気がいいといいですね〜。さて、相変わらずイギリスは凍える寒さ。セーターを買ったYABUが今回お届けするのは行き届いたホスピタリティで人気急上昇中のラティテュード・フェスティバルです。どうぞ〜

YABUのイギリスフェス紀行2011〜#8 イギリスで人気急上昇!ラティテュード・フェスティバル

リラックスするための選択肢

僕は、フェスティバルで一番大事なのは、「如何にリセット出来るか」だと常々考えています。「リセット」とは、「気分転換」と言い換えても良いかもしれません。

普段、単独LIVEを一時間半~二時間近く観たら、その後疲れますよね?それは当然で、一つのものにそれだけの時間集中して向き合っていたら、疲れるのは当たり前なんです。ただ、それは肉体というよりも、頭が疲れているだけですよね。フェスでだって、一つのアーティストを観たら、それなりに疲れます。そこから如何にリフレッシュ出来るか、固く言えば脳を休めることが出来るか。それが郊外型・都市型に関わらず、とても大事だと思うんです。

その方法は、「食事」でも「買い物」でも「寝る」でも、何でも構いません。大事なことは、お客さんに選択肢がきちんと与えられていることです。数があればいいとは決して思いませんが、この選択肢が豊かであればあるほど、お客さんは「疲れない」はずです。

ラティテュードには、この「選択肢」が本当に数多く用意されています。

ステージは音楽だけでなく、ポエトリー・リーディング、ミュージカル、コメディ、今年は川の上に設置されたステージでイギリス国立バレエ団の演舞も披露されました。昨年のレポート通り、それらを全部載せるため、タイムテーブル・プログラムと称している「本」を、観客は抱えながら移動します。

川辺で寝そべって、この「本」をパラパラ捲る。これだけでも、充分リフレッシュ出来ます。

本当に細かいところにまで細工が施されていて、どこを見てても見飽きないフェスですが、そんなラティテュードで僕が一押しの光景があります。と言っても、ほぼ全員が強制的に見る破目になるんですが、夜中にアリーナからキャンプサイトに戻る際、川辺から扇状に噴射された水がスクリーンとなり、そこのアニメーションが映し出されます。

橋の上から、ただただボーっとこの光景を眺めるのが、僕がラティテュードで一番好きな時間の一つです。

《3/4ページ:トイレに見るホスピタリティ》

トラックバックURL

コメント

コメントをどうぞ