TUNING 音楽・楽器を楽しむキッカケメーカー

大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアが音楽・楽器を楽しむきっかけを提案

ニュース

TUNING HOME > YABUのイギリスフェス紀行2011〜#8 イギリスで人気急上昇!ラティテュード・フェスティバル

YABUのイギリスフェス紀行2011〜#8 イギリスで人気急上昇!ラティテュード・フェスティバル

2011年7月21日更新

このエントリーを含むはてなブックマーク

さぁ、台風も去っていよいよ来週はフジロック!天気がいいといいですね〜。さて、相変わらずイギリスは凍える寒さ。セーターを買ったYABUが今回お届けするのは行き届いたホスピタリティで人気急上昇中のラティテュード・フェスティバルです。どうぞ〜

YABUのイギリスフェス紀行2011〜#8 イギリスで人気急上昇!ラティテュード・フェスティバル

オラレ!今週日本は台風で大変だったようですが、みなさんご無事ですか?まぁフジロックの週にぶつけられるよりはマシか、と、僕が日本にいたらそんな風に友人と笑ってるだろうなぁと思います(遠い目)。イギリスは、相変わらず寒いです。最高気温は15度強、最低気温1桁台、という日々が相も変わらず続いています。こないだ、耐え切れずにセーターを買いました。まず、「7月にセーターを売っている」というのが凄いですよね。あぁ、汗をかきたい。と寒さに愚痴をこぼしながらも、今回はイギリスで人気急上昇、ラティテュードフェスティバルに行ってきました。

昨年もレポートさせていただきましたが、ラティテュードは僕個人が(グラストを除けば)イギリスNo.1だと考えているフェスです。もしもグラストンベリーのチケットが取れなかった場合には、(いやもちろんグラスト取れても)是非このラティテュードへの来場を検討して欲しいと思っています。

金曜日から三日間開催のラティテュード、今年のラインアップは、それぞれザ・ナショナル、パオロ・ヌッチーニ、スウェードをヘッドライナーに揃えました。正直、他の大型フェスに比べると、それ程見栄えが良いラインアップではありません。ラティテュード、その最大の魅力は、アーティストではなく、フェスティバル側のホスピタリティー力に他なりません。

何よりも、会場がキレイ。昨年のレポートでお伝えした通り、その最大の要因は、全てのドリンクにリユースカップを使用していること。水分=ビールなイギリス人にとって、ビールのカップは最大最強のゴミとして、フェスティバル運営に立ちふさがります。

バーをフェスティバルが運営する、アルコールをフェスティバル側しか売ることが出来ない、イギリスフェスティバルだからこそ出来る芸当ですが、ビール4ポンドに、かわいく彩られたカップ代3ポンドを上乗せして販売。飲み終わったらカップを戻して3ポンド返してもらうも良し、お土産にカップを持って帰るも良し。これでカップのゴミがなくなるので、フェスティバルに落とされるゴミは最小限に抑えられます。ゴミ箱も十メートルおき位に設置されているし、キレイに保たれている場所を汚そうとは、誰も思いませんからね。

平らに開けたキャンプサイトから、アリーナへのリストバンドチェックを受けると、鬱蒼とした林が出迎えてくれます。その中を、両端に設置されたモニュメントやアートを脇目に潜り抜けると、目の前には川が流れ、架けられた橋の向こうには草原の上に乗っかっている色鮮やかなステージ群が一気に視界に入ります。

この催眠術にかけるための様な、奇跡的な立地、それを活かしたフェスティバル設計。ラティテュードという魔法に、来場者は入場の瞬間からかけられるんです。

《2/4ページ:リラックスするための選択肢》

1 2 3 4 次へ

トラックバックURL

コメント

コメントをどうぞ