TUNING 音楽・楽器を楽しむキッカケメーカー

大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアが音楽・楽器を楽しむきっかけを提案

ニュース

TUNING HOME > 若かりしローリング・ストーンズの写真展が恵比寿で開催

若かりしローリング・ストーンズの写真展が恵比寿で開催

2011年5月31日更新

このエントリーを含むはてなブックマーク

1965年から1967年の間、ローリング・ストーンズのオフィシャルカメラマンとして彼らのON/OFFを記録した英国人写真家、ジャレッド・マンコーウィッツの写真展が6月1日より開催される。

1965年の「サティスファクション」のヒットによりスターダムに躍り出た後、ビートルズと共に1960年代、英国の音楽とポップカルチャーを牽引し、今なお精力的に活動を続けるローリング・ストーンズ。反骨と倦怠に満ちた時代にストーンズのオフィシャルカメラマンとして活躍し、『Out Of Our Heads』『Get Live If You Want It』『Big Hits』『Between The Buttons』のアルバムカバーを手がけたのがジャレッド・マンコーウィッツだ。

その後もヤードバーズやフリー、ジミ・ヘンドリックスなどを撮影、70年代、80年代もエルトン・ジョン、ケイト・ブッシュ、ユーリズミックスなど、一貫して英国ロックのミュージシャンを撮り続け、近年の評価はますます高くなっている。

今回の展覧会では、アルバムジャケットに使用された写真の別カットを含めプライベートショットなど貴重な写真が展示される。1960年代当時の空気を含んだ彼の写真は、コアなストーンズ・ファンだけでなく、幅広い世代の人を魅了するだろう。


ジャレッド・マンコーウィッツ 写真展
ローリング・ストーンズ 1965-1967

会期:6月1日(水)~7月3日(日)
会場:TRAUMARIS|SPACE
〒150-0013 渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 3F 
時間:火曜~日曜 月曜・祝日休 16:00-24:00(日曜14:00-22:00)

《関連リンク》
◆ MUSIC AIR | ローリング・ストーンズ物語
◆ MUSIC AIR ONLINE SHOP | ローリング・ストーンズ アーティストグッズ一覧

トラックバックURL

コメント

コメントをどうぞ