TUNING 音楽・楽器を楽しむキッカケメーカー

大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアが音楽・楽器を楽しむきっかけを提案

ニュース

TUNING HOME > HR/HM大好き!初芝清(元千葉ロッテマリーンズ内野手) インタビュー《前編》

HR/HM大好き!初芝清(元千葉ロッテマリーンズ内野手) インタビュー《前編》

2011年3月10日更新

このエントリーを含むはてなブックマーク

1980年代から1990年代初頭におけるヘヴィメタル・ブームの立役者、そして先日行なわれた第53回グラミー賞では「ベスト・メタル・パフォーマンス」賞を受賞した大御所バンド、アイアン・メイデンがまもなく来日!ということで、今回はHR/HMが大好きという元千葉ロッテマリーンズ内野手、初芝清さんにインタビュー!アノ引退セレモニーのお話から現役時代の音楽ライフまでたっぷり語っていただきました。

HR/HM大好き!初芝清(元千葉ロッテマリーンズ内野手) インタビュー《前編》

前代未聞!?現役引退セレモニーをメタリカで演出

(編集部が用意したアイアン・メイデンのTシャツを見ながら)
初芝(以下初):いやぁ、やっぱメイデンのTシャツ着てくればよかったかなぁ。

-ハッハッハ!

初:いいですよねぇメイデン!友だちが、「12日のさいたまスーパーアリーナ行くよ」って言ってて、僕行けないんですけど、もうそういう情報収集を怠ってて…。

-「MUSIC AIR」では、今月のアイアン・メイデンの来日に合わせて、HR/HMの特集をさせていただくんですけども、こちらが放送予定の2008年のアイアン・メイデンのライヴの曲目です。

初:(ひっそりと)やっぱ「Aces High」がいいですよね、オープニングはね…。なんで小さい声で言わなきゃいけないんだって感じだけど(笑)ここまでね、車の中でガンガンにメイデンかけながら来たんですよ。『Number Of The Beast』を。昨日からずっとメイデンを聴いてて、で丁度ここに着く手前で、ジューダス・プリーストに代わったんですけど。もう機械のこととか、全然わからないから、未だに全部CDで聴いててね…。いいんですか?(インタビュー取材が)自分なんかで?

-もちろんです!そもそも、なぜ今回初芝さんにインタヴューお願いすることになったかといいますと、引退式で、メタリカの「Hero of the Day」や「Enter Sandman」を流してらっしゃいましたよね?普通野球選手の引退って、クラシックの様な厳かな音楽が流れたりするから、それを見たときビックリしまして。それで調べてみたら初芝さんがHR/HMの熱心なリスナーだということをその時知って、今回HR/HMの特集が決まったとき、「これはもう絶対に初芝さんにお話を伺おう!」と。

初:フッフッフ!そうだったんですか!僕がヘヴィメタ好きだ、っていうのは、一部の人はもうみんな知ってて。引退のときにかける音楽、「何がいいですか?」って訊かれて、まぁメタリカがいいかなと、演出的には「Hero of the Day」で入場がいいと思って、かけてもらったんですよね。


3:00あたりで球場にメタリカが大音量で!!

ヘヴィーメタルとの出会い

-一番好きなバンドっていうのは、メタリカなんですか?

初:いや、今一番好きなバンドは、チルドレン・オブ・ボドム!!COBが好きなんですよ。

-メタリカは、いつ頃好きになられたんですか?

初:丁度、世代ではあるんですけど、あんまり聴く方ではなかったんですよね。大分経ってからでしたね、もうプロ入りしてから。元々、スラッシュ系があんまり聴く方ではなかったんですよ。どちらかというと、メイデンとか、ジューダスとか、そっちの方向で。

-音楽を聴き始めた当初から、ヘヴィメタが好きだったんですか?

初:きっかけは、キッスだったりもあるんですけど、自分がヘヴィメタに入るきっかけになったのは、メイデンなんですよ。丁度僕が音楽を聴くきっかけになったのが、モンキーズなんですけど、「Day Dream Believer」を聴いて、洋楽にハマったんですね。たまたま、初めて買ったLPが、モンキーズのベストだったんですよ。それが始まりで、当時自分の周りで、「モンキーズかYMOか」で人気が二つに分かれてたんですよ。それで意地になってモンキーズ聴いてたんですよね、「YMOなんてわからん!歌が入ってねぇ!」って(笑)そしたら友達が、「アイアン・メイデンっていう、すげぇカッコいいバンドがあるんだぜ!!」って言うから、そいつの家行ったら、『Killers』のLPがあったんですよ。そのジャケット見たときに、もう「カッコいいー!!」と思って。それで聴かせてもらったら、もう「ズドーーン!!」ですよ。そっから、ヘヴィメタにハマっていきましたね。当時はまだ、ヴォーカルもポール・ディアノでね。そこでハマって、その後ヴォーカルがブルース・ディッキンソンに代わって、それでも全然違和感がなくてね。まぁでも、ポール・ディアノも違った趣があっていいんですけどね。

-ブルース・ディッキンソンが辞めて、ヴォーカルが代わったときもありましたが…

初:あれは!あの時期は、CDも持ってますけど、ほとんど聴いてないですねぇ。

-やはり、納得がいかないですか、あの時期は?

初:いかないですね。あのヴォーカルで、昔の曲を演奏してる様なLIVEアルバムも、持ってますけど、全然聴いてないですね。封開けてねぇんじゃねぇかな(笑)

-ハッハッハ!

初:それからキッスも知って、メタリカもそのときにデビュー・アルバムを聴いたんですけど、そのときはそんなでもなかったんですよね。それでも一応アルバムは持ってて、90年代に入ってから、『Load』の一曲目の「Ain’t My Bitch」を聴いたときに、メタリカにボン!って入って、それから『reload』も聴いて、これまで持ってたアルバムも聴きなおし始めたんですよね。それから、段々、メタリカがいいなぁと思うようになってね。

《2/3ページ:野球選手の音楽ライフ》

トラックバックURL

トラックバック

コメント

コメントをどうぞ