TUNING 音楽・楽器を楽しむキッカケメーカー

大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアが音楽・楽器を楽しむきっかけを提案

ニュース

TUNING HOME > アナログレコード愛好家やDJに朗報!老舗レコード店発、低価格アナログ洗浄液に迫る(前編)

アナログレコード愛好家やDJに朗報!老舗レコード店発、低価格アナログ洗浄液に迫る(前編)

2010年6月28日更新

このエントリーを含むはてなブックマーク

汚れを落とす原理は「汚れを移動させる」こと

フラッシュ・ディスク・ランチ 椿正雄氏

「開発した動機はそもそもは、自分が使うため。ぶっちゃけ、自分が使ってるものをみなさんにもお分けしているだけです」

多くの中古レコード店では仕入れたレコードを汚れを落として商品にして、店に並べる。買い付けてきたレコードをただ単に右から左へ流しているだけではないのだ。椿氏にとってレコードの洗浄は日々の仕事のひとつというわけだ。毎日の業務だけに、いかに効率よくコストも押さえらるかも重要なポイントになる。長年に渡ってさまざまな洗浄方法を試しよりよい方法を探しつづけてきた。

こちらがその洗浄液

「今回発売した『アナログ洗浄液』、これはまず何かっていうと“電解アルカリ水”です。電解アルカリ水を使う以前はずっとアルコール(メタノール)で盤のクリーニングをしていました。店をはじめる前からメタノールで拭くと汚れが落ちることは知っていました。ちなみに、ジャケットの汚れを拭き取るのに使うのはベンジンです」

ヴィニール製のレコード盤の場合はメタノールや電解アルカリ水、紙(ときどきヴィニール・コーティング)のジャケットはベンジンと、アイテムは素材によって変えているが“汚れを取り除く理屈”は同じだという。

「どちらも汚れを拭き取っているんですが厳密に言うと“拭き取る”というよりは“移している”んです。レコード盤やジャケットについている汚れ、主に油系なんですが、これを、エタノール、電解アルカリ水、ベンジンが分離させるんです。つまり、汚れをレコード盤やジャケットから浮かしてくれる。浮いた汚れは、素材に適した“拭きもの”で軽く拭くことで“拭きもの”に付着してくれるわけですね。要するに、レコード盤のクリーニングの基本は汚れを浮かして盤やジャケットから“拭きもの”に“移し”ているわけです。」

ちなみに“拭きもの”には、紙のジャケットならペーパータオルレコード盤なら静電気が起きにくい目の細かい布を使う。

《3/4ページ:メタノール論争》

トラックバックURL

トラックバック

コメント

コメントをどうぞ