TUNING 音楽・楽器を楽しむキッカケメーカー

大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアが音楽・楽器を楽しむきっかけを提案

ニュース

TUNING HOME > リアム・ギャラガー、ノエルへの感謝の言葉なし!?

リアム・ギャラガー、ノエルへの感謝の言葉なし!?

2010年2月17日更新

このエントリーを含むはてなブックマーク

イギリス音楽界の祭典、ブリッット・アワードが現地時間2月16日に開催され、オアシスの1995年にリリースされたアルバム「(What’sThe Story)Morning Glory」が、過去30年の最優秀アルバムに贈られる“BRITs Album of Thirty Years”部門を受賞しました。

リアム・ギャラガーが受賞に際し壇上に登場し、スピーチを行いましたが、元バンド・メンバーに感謝しつつも、バンドを脱退した兄、ノエルへの言葉はなく、兄弟の確執はより明らかになりました。

リアムは「よく聞け、 bald head [ポール・"ボーンヘッド" ・アーサーズ], Guigs [ポール・"ギグジー" ・マクギーガン], アラン・ホワイト、そして世界中のファンに感謝するよ」と言って、マイクとトロフィーを観客に投げて(!)ステージを後にしました。投げ込まれたトロフィーはブリット・アワードの関係者がすぐに観客から回収したそうですが、このやんちゃぶりはもはやお家芸の域!?

ちなみに“BRITs Album of Thirty Years”部門にノミネートされていたのは以下のアルバム↓

Coldplay – ‘A Rush of Blood to the Head’
Dido – ‘No Angel’
Dire Straits – ‘Brothers in Arms’
Duffy – ‘Rockferry’
Keane – ‘Hopes & Fears’
Oasis – ‘(What’s the Story) Morning Glory?’
Phil Collins – ‘No Jacket Required’
Sade – ‘Diamond Life’
The Verve – ‘Urban Hymns’
Travis – ‘The Man Who’

◆MUSIC AIR ONLINE SHOP|オアシス グッズ一覧

トラックバックURL

コメント

コメントをどうぞ